ホーム > 製品情報 > 超広帯域空間光位相変調器 (UV-NIR SLM)
超広帯域空間光位相変調器

京都光技術研究会で開発したUV-NIR SLMは紫外(300nm)から近赤外(1100nm)に渡る超広帯域で光位相制御が可能な空間位相光変調器です。主に極短パルス光のチャープ補償やパルス整形に有用です。

超広帯域空間光位相変調器
主な仕様
ピクセル数 640pix
分解能 256(8bit)
動作波長 300~1100nm
透過率 300nm 50%以上
350nm 70%
400nm 80%
800nm 80%
1100nm 80%
アプリケーション例
  • フェムト秒レーザー応用
  • 生体分子制御
  • 波形整形
  • 位相制御
  • チャープ補償
  • 精密加工
  • 量子制御
  • 光化学反応
  • 超短光パルス発生
  • 光コム
  • 超広帯域(紫外~近赤外)
  • 紫外応用
  • 非線形光学顕微鏡
事例

極短パルス光の4f光学系におけるフィードバックチャープ補償

SLM事例
20160822SLM_WEB_4.png
  1. 補償前の位相を読み込みます。
  2. 位相負荷が最小となるよう最適化します。
  3. 最適化した位相負荷、および補償後の位相をシミュレーションし表示します。
  4. 補償前後の光パルス強度、およびTL 光パルス強度をシミュレーションし表示します。
  5. 補償後の各ピクセル出力階調をシミュレーションし表示します。
  • 本製品は北海道大学の研究シーズを基に京都光技術研究会(会長 北海道大学名誉教授 山下幹雄:京都府中小企業技術センター)にて開発されました。現在は受注生産のみの対応となります。詳細はお問合せください。

ページの先頭へ